かぴたろうのブログ

 CAPITARO BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペーパーガール ラストシーン

和風じゃなくなったかぴたろうです
新曲2曲どーん





tanakaさんにも色々なイラストを描いてみてほしいという思いもあり、
またかわいらしい調教に挑戦したいという思いもあり、
しばらくこういう曲風でやってみたいと考えています

ここ数年あまり曲をあげられていなかったので、
この調子でアップしていきたいです

またまた次の曲も乞うご期待です!
  1. 2014/12/06(土) 22:32:52|
  2. VOCALOID
  3. | TRACKBACK:0
  4. | COMMENT:0

解説『好色五人女』について

『好色五人女』は1686年(貞享3年)に刊行された江戸時代の「浮世草子」と呼ばれる読み物のひとつです。
作者は井原西鶴で、教科書ではよく『日本永代蔵』『世間胸算用』の作者として紹介されます。
中には受験で覚えた!とか今まさに学校で習ってる!という方もいるのではないでしょうか。

タイトルに好色とありますが、エロ小説ではないです!
むしろ逆で、一途に命を懸けて恋をした5人の娘の、5つの話で構成されています。
全て実際にあった事件をもとに書かれているそうで、私も驚きました!

いわゆる短編小説で読みやすいので、読んでみると面白いかもしれません。
曲中では描き切れなかったところも多くあるので。
現代語訳は色々出版されています。ステマではないです!
図書館で簡単に見つけることができますよー



曲を作るにあたって、

麻生磯次、冨士昭雄訳『対訳西鶴全集三 好色五人女・好色一代女』明治書院、1974年。
吉行淳之介、丹羽文雄訳『現代語訳 好色五人女』河出書房新社、2007年。

を参考とさせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
  1. 2014/02/04(火) 19:13:21|
  2. VOCALOID
  3. | TRACKBACK:0
  4. | COMMENT:0

逢火離炎恋草子

ファイヤーな新曲ができました!
約一年ぶりの投稿なので、ドキドキしました



今回は古典を引くという新しい試みをしております
ネタ探しと、詞を書くのに図書館に通い詰めました…
苦労しましたが、面白いものを見つけられました
300年前の話を今読んでも面白いというのはすごいと思います

今回も絵はtanakaさん!ヤンデレかわいいお七にしていただきました
調教も頑張りました!和風な歌い方になってるはず!
曲に関しても、キーやスケールにとらわれず、これまでより自由に曲を作りました

次の新曲はいくつか用意していて、まだ迷っているのですが
また近いうちにアップできると思いますので、乞うご期待です!
  1. 2014/02/04(火) 19:10:59|
  2. VOCALOID
  3. | TRACKBACK:0
  4. | COMMENT:0

イベント参加情報

来たる3月24日の「VOCALOID PARADISE関西2」に「A-14 みなみよのレコーズ」として参加いたします
私自身は行けないのですが、旧譜を置いてもらいますので是非に
デモCD無料配布なども予定しておりますので足を運んでみてください

そして4月27日の「THE VOC@LOiD 超 M@STER 24」にも参加いたします
旧譜のみですが「D49、50 みなみよのレコーズ」でお待ちしておりますので是非遊びに来てください!
  1. 2013/03/17(日) 13:05:09|
  2. VOCALOID
  3. | TRACKBACK:0
  4. | COMMENT:0

可憐愛嬌花咲組

和風アイドルな新曲です!



tanakaさんに描いていただいた3人が本当に可愛いです!
今回はリンちゃんの調教に初挑戦しましたが、
うわさ通りの難調教でした
また3人の声を合わせるのにも苦労しました
リンとGUMIは非常に癖の強い声質なので…
しかし繊細なミクさんの声に2人の力強さが加わり、
結果的に曲の魅力が増したと思っております

リズムや歌詞にもこだわりました!
韻の部分は気付いてくれた方は気付いてくれたと思います

次の新曲ですがアップテンポなものを制作中です
楽しみにしていただければ幸いです!
  1. 2013/03/17(日) 13:03:38|
  2. VOCALOID
  3. | TRACKBACK:0
  4. | COMMENT:1
<<BACK NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。