かぴたろうのブログ

 CAPITARO BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

解説『好色五人女』について

『好色五人女』は1686年(貞享3年)に刊行された江戸時代の「浮世草子」と呼ばれる読み物のひとつです。
作者は井原西鶴で、教科書ではよく『日本永代蔵』『世間胸算用』の作者として紹介されます。
中には受験で覚えた!とか今まさに学校で習ってる!という方もいるのではないでしょうか。

タイトルに好色とありますが、エロ小説ではないです!
むしろ逆で、一途に命を懸けて恋をした5人の娘の、5つの話で構成されています。
全て実際にあった事件をもとに書かれているそうで、私も驚きました!

いわゆる短編小説で読みやすいので、読んでみると面白いかもしれません。
曲中では描き切れなかったところも多くあるので。
現代語訳は色々出版されています。ステマではないです!
図書館で簡単に見つけることができますよー



曲を作るにあたって、

麻生磯次、冨士昭雄訳『対訳西鶴全集三 好色五人女・好色一代女』明治書院、1974年。
吉行淳之介、丹羽文雄訳『現代語訳 好色五人女』河出書房新社、2007年。

を参考とさせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/04(火) 19:13:21|
  2. VOCALOID
  3. | TRACKBACK:0
  4. | COMMENT:0
<<ペーパーガール ラストシーン | ホーム | 逢火離炎恋草子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://capitaro.blog120.fc2.com/tb.php/22-ea1c4015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。